スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXを資産運用に組み入れるか?
最近FXが資産運用商品として話題ですね。この間TV番組「ガイアの夜明け」で、資産運用の基礎知識を欠いた素人がFXに手を出して大損した逸話が紹介されていましたが(7~8月に株が暴落した時の話です)、FXは投資運用の一商品として考慮すべきなのでしょうか。結論から申し上げますと、私の個人的意見ですが、FXは証券・FX会社の利益を増すための商品であって個人投資家にとってのメリットはありません

理由はいたって簡単です。株の長期期待リターンが9.2%、債券4.4%、短期金融資産(貯金等)が4.1%なのに対し、FXの期待リターン値は0%なためです。
(株、債券、短期金融資産のリターン値は、過去100年間の全世界すべてを含んだ数字。数字はTriumph of the Optimists: 101 Years of Global Investment Returnsを参照)

FXとは2国間の為替レートを元にトレードするわけですから、1国側から見れば得する取引がもう1国側からは損をしていることになります。一方の国の通貨のみが上昇(下降)し続けるというのは長期的には不可能ですから、結果的にFXの期待値は0%となるわけです。

この論理(FXの期待値は0%という主張)、証明されているわけではないので、間違っていると思われる方、意見を頂けるとありがたいです。一国の通貨が下降し続ける現象は、第2次世界大戦後のドイツ、日本に見られましたが、あのようなハイパーインフレ下ではFXが得かどうかという問題ではもはやないでしょう。
スポンサーサイト
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。